スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

卒園式

►2013/03/18 15:02 

3月18日。
心配されていた雨マークも吹き飛ばし、とてもよく晴れた一日でした。
強風ではありましたが…(しかも半端ない)


リクは無事に卒園式を迎えることができました。
授与式の後ろ姿、カッコ良かった。
大きな声のお返事、
ママはしっかりと胸に刻んだよ!


思えば3年前、
あまりの泣き叫びっぷりに大笑いした入園式。
先生たちが汗だくで抱え込んでくれていました。

お迎えのバスをみると泣きながら逃亡。
はじめは涙の乾く間もなく帰宅した日もあったっけ。

毎日かかってくる担任の先生からの報告電話。
「今日は帰りまで泣いてました」
「今日はお昼まで泣き止みました」
「今日は着いたら泣き止みました^_^」

少しでも時間が共有できたらいいなと思い、引き受けた役員。
時々のぞくと見たことのない笑顔で楽しげに遊ぶ息子の表情。
親以外に心を許せる大人の人との関係、
とても安心したのを覚えています。

年少さんのお遊戯会。
とっても元気に演じたネズミさんだった。
そのあとに喜びとなるはずだった次男の誕生。
残念ながら産声は聞けなかった。
ずっとそばにいてくれたリクが哀しみに溢れた出産を支えてくれた。
君は立派なお兄ちゃんだよ。


年中組。
とても楽しい先生が担任になってくれました。
豪快で、優しくて、強くて、温かい。
うそ、ずる、いじわるが嫌いな先生です。

毎日が楽しかったね。

それなのに。
やっと前を向いて歩けるようになったのに。

運動会の頃から続いたリクの体調不良。
遠足も行けなかった。
どんどんどんどん悪くなり、
リクを苦しめたその正体がわかる頃、彼の体はガリガリになってしまっていました。

楽しいから行きたい幼稚園。
お弁当もどんどん小さくなった。
クリスマスも起きることができなかった。

もう無理だと駆け込んだ救急外来、
そのまま入院。
うちでは受けられないと転院、そして手術。

5歳のリクはすべてを受け止め、がんばりました。

丸刈りになった姿、まだはっきりと覚えています。
でも
手術を終えて元気にしゃべった姿もはっきりと覚えています。

主治医の先生は言いました。
「治療には時間がかかります。幼稚園復帰は諦めて欲しい」

大好きな幼稚園に帰るためにがんばったのに、どう話せばいいんだろう。
こんなに大きな手術を頑張ったのに、もっと辛い治療をどう話せばいいんだろう。

一番辛いのはリクなのに、毎日毎日泣きながら帰りました。

お空の次男のやさしさか、
リクの病気は腫瘍でないことがわかり治療をしなくて済むことがわかった時は嬉しかった!

命と引き換えに、大きな代償を払ったことは確かですが…

絶対に手放せない薬。
今までとは違う体。
生きているからいいの?
そんな想いとの共存の始まりでもありました。

本来ならいるはずのなかった年長組。
オレンジ色の帽子をかぶり、楽しそうにバスに乗って行ったリクの後ろ姿。
夢見ているみたいだったよ。
可愛くて厳しくて、いつも全力で抱きしめてくれる先生が担任になってくれました。

いつも体調を見守ってくれ、
他の子供たちと隔てることなく接してくれました。

お昼の薬、
万が一の時のデスモ、
任せてください、と迷うことなく言ってくださる大きな優しさ。
どれだけ救われたかしれません。

何度か体調は崩しましたが、
2回の遠足、お泊まり会、夏季保育、運動会、お餅つき、お遊戯会、お別れ遠足…
そして卒園式。
すべての行事に参加できました。
いつも園の外に行く時にはデスモを持ってくれて、
「もう私も慣れました☆」と満面の笑みで言ってくれる先生の頼もしさに甘えさせていただきました。

色々あったから、
だからこそ気づけた周りの方々の優しさと温かさ。

病気は憎い。

でもたくさんのことに気付け、出会いをいただいたよ。

当たり前の事、それが一番の幸せ。

リクと瑛士が教えてくれたね。
ママは幸せ。

最後の懇談会ではたくさん泣いたから、
卒園式は泣かないって決めた。

リクの頼もしさに、ママは感動したよ。
きっと小学校だって楽しく過ごせる。
パパとママ、それと瑛士はいつだってリクの味方だぜ!


リク、
生まれてくれてありがとう。
これからもたくさん笑おうぜ!



3月22日の内分泌外来。
身長117.6cm、
体重21kg。
3本目の歯がグラっとしています。

ずっとそばにいてくれた先生は4月から異動となります。
でも、先生は言ってくれた。

リクくんは大きな手術も検査もお薬もいつも頑張ってくれました。
リクくんであれば大きくなってからも自己管理ができるでしょうから安心です。
…と。

時には当たったこともありました。
それでもリクを子供扱いせず、真摯に向き合ってくれた先生には本当に感謝しています。
いつも見守ってくれた先生のことを、リクは大好きです。
卒園アルバムを見せたらすごく喜んでくれました。

いい笑顔だ〜!
りっくん、かっこいいね!
いい幼稚園で良かったね!

これからもがんばりますので、
先生も頑張ってください!




スポンサーサイト

ようちえんComment(2)Trackback(0) | Top ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。