スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

経過観察

►2012/08/29 00:08 

8月21日(火)
退院後、2回目のMRIでした。
前回は4月、もう4ヶ月経ちました。
本当は半年後でいいよと言われたものの、
夏休みなら幼稚園を休まずに済むので繰り上げとなりました。

毎回予約をいれながら悩む脳外科の主治医。

「うーーーーーーーーーーーーーーーん」

これが何回も続く。

「先生、なにに"うーーーーーーーーーーーん(ーー;)"ですか?」

「うーーーーん、寝なきゃダメかなーーーーー…」
「寝ないで出来るならここに予約入れられちゃうんだけどなぁ」
「リクちゃん、お利口だから絶対イケそうなんだけどなぁ…うーーーーーーーーーん」

要は鎮静剤を使わずに検査ができるかどうか。
それによって「DAY入院か否か」が変わり、予約日も決まると。

本人は頑なに拒んだので、DAY入院。

前回は嫌いな点滴&採血で暴れ、挙句、空腹と闘うのでこちらも死に物狂い。
一応一緒に断食に付き合うので…。
鎮静剤を使うと覚醒の確認が済むまで帰れないので相当つらい。
子は病室で飲食できるが、私は出来ないので…本気でつらい。
しかも食堂(息子は大好き…)、あんまり美味しくないしさ。


当日は朝6時までの食事のため、こちらも5時過ぎにおきて朝食のしたく。
息子はギリギリ5時45分頃に起こし、寝ぼけ眼でトースト&ういんなーを完食。
えらい。

飲み物は10時まで。
この暑さだよ?
熱中症になっちゃうよぉ。
本当はダメだけど、11時に自宅でシャワーを浴びた後(二度寝で汗だく)に一口飲ませました。
いくら病院が遠くはなくても、夏の車の移動は怖い。

何より怖いのはデスモが切れたときの口渇。

朝食後にバタンと二度寝した息子。
寝る前にまずは点鼻1プッシュ。
これで病院到着までは大丈夫なはず。
で、検査1時間前に追加で点鼻液0.025。
これで検査中も安心。

持ち物に欠かせないのが「ザ・集中グッズ」
空腹を忘れるためには睡眠か集中か。
ということで、最近ハマっているLEGO。
かなりのミニブロック、集中とイライラの紙一重。

この日のために買ったロボットのキット。
「ママ、これさ、楽しみだね」
「あのさ、組み立てる時手伝ってね?ほら、点滴しちゃうと左手使いづらいからさ」

5歳。点滴の回数は数知れず。
そしてその不自由さも知っている。


今回の入院は今までとは違う病棟に初潜入。
しかも赤ちゃんが多い病棟なので、
一人で処置室に歩いて行ったり、達者な受け答えをする5歳がスタッフにも新鮮な様でした(笑)。

最近は点滴は泣きません。
救外の度にソルコーテフの点滴をするので慣れた様です。
注射も「あはは」と笑えるくらいにへっちゃら。
点滴に至っては、ここに刺してね♪と指示しているようです。

予定よりちょっと遅れてお呼びがかかり、検査室まで移動。
やはり今回もストレッチャーには乗らず、ナースと一緒に押してました。


実は今回はちょっと不安でした。
というのも、5月に気管支炎(まぁ、間違いなく喘息なんだけど)で入院しており、
その後も一度ヒューヒューが出てシングレアを服用しています。

造影剤の使用に当たっては、喘息の既往があると発作の可能性があるとかでチェックされるんです。
なので、体調はより万全に。そして、万が一の時のために内分泌の医師も立会います。

内分泌は一人の医師が立ち会えばいいのですが、なぜかいつもの二人。
脳外科医、技師、看護師…などなど、えらい人数の検査室。
どんだけ??


当の本人はさっさと看護師さんと手をつなぎ入って行き…
「あれ?あ、もう入った?…あ、じゃがんばれ!」
と、なんとも変なお見送りな私。


さて、30分ある。
今のうち。
そう、水分補給です。
何か飲まないとこちらがやられます( ̄◇ ̄;)
まずは前回の救外の精算を済ませ、飲み物に悩む。
売店は遠い…軽食は無理か。
こんな時はジョアに限るぜ!

フリータイムはあっという間にすぎ、検査室まで戻ります。
何やら雑談がもれている。
もう終わるかな?と思った矢先。

おう!
と手を上げ歩く息子。

もしや途中で鎮静剤キレタ?

「オレ、寝てねーし」

は?

いやぁ、おかあさん。
今日の検査、寝ないでできちゃったんですよー。
気管支も大丈夫。
何ならもう帰ってもいいですけど?

と、なんとも嬉しい裏切り。

結局点滴を脱いたり、(一応)飲食の確認のために病棟に。
あとは退院処方の名目の薬を待つので着替えてスタンバイ。
検査後1時間で出られました!!

しかも時は3時半。
3時から4時は食堂休憩。

ふふ。
これで違うところでご飯食べられるぅぅぅ。


いやぁ、がんばったね。
寝ないで出来るなんてすごいよ。

聞くところ、MRIはかなり音がすごいとか。
ヘッドホンからは「おかあさんといっしょ」の歌が聞こえるそうです。
へぇ。

本人いわく、気づけば眠らずに始まったそうで。

これ付けて(ヘッドホン)じっとしてみようね。
ちょっとうるさいけど、頭は我慢して動かさないでやってみようね。
よーし、やってみよう!

的な流れだそうで。

途中は眠ったらしいけど、ほとんど起きていたらしい。

リク様のお言葉。
「眠らずにやるなら、そう言ってくれないとねーーーー♪(´ε` )」

とっても誇らしげな息子でした。
偉いぞ。



スポンサーサイト

闘病記・退院後の生活Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。