スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

卒園式

►2013/03/18 15:02 

3月18日。
心配されていた雨マークも吹き飛ばし、とてもよく晴れた一日でした。
強風ではありましたが…(しかも半端ない)


リクは無事に卒園式を迎えることができました。
授与式の後ろ姿、カッコ良かった。
大きな声のお返事、
ママはしっかりと胸に刻んだよ!


思えば3年前、
あまりの泣き叫びっぷりに大笑いした入園式。
先生たちが汗だくで抱え込んでくれていました。

お迎えのバスをみると泣きながら逃亡。
はじめは涙の乾く間もなく帰宅した日もあったっけ。

毎日かかってくる担任の先生からの報告電話。
「今日は帰りまで泣いてました」
「今日はお昼まで泣き止みました」
「今日は着いたら泣き止みました^_^」

少しでも時間が共有できたらいいなと思い、引き受けた役員。
時々のぞくと見たことのない笑顔で楽しげに遊ぶ息子の表情。
親以外に心を許せる大人の人との関係、
とても安心したのを覚えています。

年少さんのお遊戯会。
とっても元気に演じたネズミさんだった。
そのあとに喜びとなるはずだった次男の誕生。
残念ながら産声は聞けなかった。
ずっとそばにいてくれたリクが哀しみに溢れた出産を支えてくれた。
君は立派なお兄ちゃんだよ。


年中組。
とても楽しい先生が担任になってくれました。
豪快で、優しくて、強くて、温かい。
うそ、ずる、いじわるが嫌いな先生です。

毎日が楽しかったね。

それなのに。
やっと前を向いて歩けるようになったのに。

運動会の頃から続いたリクの体調不良。
遠足も行けなかった。
どんどんどんどん悪くなり、
リクを苦しめたその正体がわかる頃、彼の体はガリガリになってしまっていました。

楽しいから行きたい幼稚園。
お弁当もどんどん小さくなった。
クリスマスも起きることができなかった。

もう無理だと駆け込んだ救急外来、
そのまま入院。
うちでは受けられないと転院、そして手術。

5歳のリクはすべてを受け止め、がんばりました。

丸刈りになった姿、まだはっきりと覚えています。
でも
手術を終えて元気にしゃべった姿もはっきりと覚えています。

主治医の先生は言いました。
「治療には時間がかかります。幼稚園復帰は諦めて欲しい」

大好きな幼稚園に帰るためにがんばったのに、どう話せばいいんだろう。
こんなに大きな手術を頑張ったのに、もっと辛い治療をどう話せばいいんだろう。

一番辛いのはリクなのに、毎日毎日泣きながら帰りました。

お空の次男のやさしさか、
リクの病気は腫瘍でないことがわかり治療をしなくて済むことがわかった時は嬉しかった!

命と引き換えに、大きな代償を払ったことは確かですが…

絶対に手放せない薬。
今までとは違う体。
生きているからいいの?
そんな想いとの共存の始まりでもありました。

本来ならいるはずのなかった年長組。
オレンジ色の帽子をかぶり、楽しそうにバスに乗って行ったリクの後ろ姿。
夢見ているみたいだったよ。
可愛くて厳しくて、いつも全力で抱きしめてくれる先生が担任になってくれました。

いつも体調を見守ってくれ、
他の子供たちと隔てることなく接してくれました。

お昼の薬、
万が一の時のデスモ、
任せてください、と迷うことなく言ってくださる大きな優しさ。
どれだけ救われたかしれません。

何度か体調は崩しましたが、
2回の遠足、お泊まり会、夏季保育、運動会、お餅つき、お遊戯会、お別れ遠足…
そして卒園式。
すべての行事に参加できました。
いつも園の外に行く時にはデスモを持ってくれて、
「もう私も慣れました☆」と満面の笑みで言ってくれる先生の頼もしさに甘えさせていただきました。

色々あったから、
だからこそ気づけた周りの方々の優しさと温かさ。

病気は憎い。

でもたくさんのことに気付け、出会いをいただいたよ。

当たり前の事、それが一番の幸せ。

リクと瑛士が教えてくれたね。
ママは幸せ。

最後の懇談会ではたくさん泣いたから、
卒園式は泣かないって決めた。

リクの頼もしさに、ママは感動したよ。
きっと小学校だって楽しく過ごせる。
パパとママ、それと瑛士はいつだってリクの味方だぜ!


リク、
生まれてくれてありがとう。
これからもたくさん笑おうぜ!



3月22日の内分泌外来。
身長117.6cm、
体重21kg。
3本目の歯がグラっとしています。

ずっとそばにいてくれた先生は4月から異動となります。
でも、先生は言ってくれた。

リクくんは大きな手術も検査もお薬もいつも頑張ってくれました。
リクくんであれば大きくなってからも自己管理ができるでしょうから安心です。
…と。

時には当たったこともありました。
それでもリクを子供扱いせず、真摯に向き合ってくれた先生には本当に感謝しています。
いつも見守ってくれた先生のことを、リクは大好きです。
卒園アルバムを見せたらすごく喜んでくれました。

いい笑顔だ〜!
りっくん、かっこいいね!
いい幼稚園で良かったね!

これからもがんばりますので、
先生も頑張ってください!




スポンサーサイト

ようちえんComment(2)Trackback(0) | Top ▲

今日から2学期!

►2012/09/03 11:27 

昨日は久しぶりの雨!そしてカミナリ!(恐かった〜)
おかげでとっても涼しい風が吹きました。

でもこの気圧と気温の変化は嫌だな。
5月に気管支炎(まぁ、喘息らしいけど)で入院してからは予防薬も始まり、戦々恐々です。

朝と晩のクシャミ連発。
鼻水たらり。
今までなら風邪の心配だけだったけど、今は違う。

あー…
せっかく頑張っているデスモがぁー。
効かない⇒打ち直し⇒鼻に刺激⇒またクシャミ。

がんばれ、リク!


今日から2学期。
寝しなのクシャミでデスモの効きが弱かったようで、朝方に2度のトイレ。
ちょっと眠そうだったけど、今日は11時までだからね!
ファイト!

元気に手を振って行きました。

その後ろ姿、とても大きく見えました。
心も成長した夏休みだったこと、ママが一番知っているよ。
大好きな幼稚園もいよいよ折り返し。
一日一日を楽しんで行こうね!

ようちえんComment(0)Trackback(1) | Top ▲

遠足。

►2012/05/26 23:00 

18日から7日間の入院を経て退院した息子。

金環日食は一緒に観れなかったが、神様はご褒美をくれました。

神様かな、
それとも、
お空にいる弟の瑛士かな☆

なんと21日に予定されていた遠足(金環日食の日)が、朝方の雨で25日に延期!

連絡網が回ってきたのに日食に夢中で気付かなかったのは私です…スミマセン

嬉しい知らせだったけど、本人には内緒。
退院が間に合わなかったら可哀相なので…

水曜日の夜に回診に来た先生たち。
明日以降に退院の検討となったらしく、120%諦めていました。

が、
が、
が、

やった~!
木曜日、すぐに退院許可がでました。
しかも登園許可もでました~。

ヒャッホ~。
遠足行ける~!

ま、遠足とは言えど、園バスで10分くらいの公園に全学年で行くだけのものだから、普段の園生活とあまり変わらないんです。
うちの園はしょっちゅうピクニックだし。

でも嬉しいんだよね。
お弁当とお菓子を食べられるんだもんね。
なにより集合写真にうつれるもんね。

去年の秋の遠足は病気がわからず体調不良で休んでいた日々、もちろん遠足も欠席。
先生が休み明けにお散歩に連れて行ってくれたね。
聞いた時は本当に嬉しかったなぁ。


途中、雨には降られたみたいですが、みんなで雨宿りして楽しかったみたい。

森の探検では、息子のクラスで流行っている「アイーン」が飛び交ったんだって。

志村けんの「アイーン」(笑)。

先生「森の探検隊!」
みんな「アイーン!!」
しかも全員あの顔らしい。
やるね~。
見てみたかったな♪

病院の先生からはマスクを言われていたので、きちんと着用。
「みんなでお写真撮るとき(記念撮影)は…」マスク外しなね~って言おうとしたら、息子即答。

「うん、ニッコリ(^_^)vだよね?」って満面の笑み&ダブルピース。

そだね。
その通り!

きっとみんなニッコリの写真が撮れたね~!!
早く見たいな♪


張り切っていつもより30分も早く準備完了だった息子。
時間になり、さぁ行くぜ~と意気揚々バス停へ。

同じバス停のママが息子の後ろを見てびっくり。

は?
リュックがない!

どうやら時間までiPadで遊んだ時に下ろしたみたい。
知らなかった…
全く気づかなかったデス。

体操着、カラー帽子、肩からは水筒。
前からはカンペキな姿だったよ(笑)。

家までダッシュして取ってきまして、無事に園へ向かいました。

いやはや、
復活初日から度肝を抜く息子に完敗。
面白いね~。

というわけで、
今日も元気いっぱいの息子に感謝。
息子を見守ってくれる周りの方々に感謝。

ようちえんComment(0)Trackback(0) | Top ▲

ミステリーサークル

►2012/05/01 23:09 

今日からお弁当!
いやぁ、
幼稚園3年目の5歳児は体力余っていますから…
午前保育というのは不完全燃焼の日々でした。

とはいえ、退院してからの進級。
慣らしの時間が長くあったのは「母としては」心強かったです。
花粉症も落ち着き、デスモがよく効いている様に思います。
最高。

今日はフル保育に加え、課外授業のプールスタート。
提出書類もあるし…普段はバスですが、迎えに行きました。
せっかくだから見学しちゃお。

大好きなお友達たちと一緒のプール、ご機嫌120%。
可愛い笑顔で「ママ〜☆」と何度も手を振ってくれました。
周りの子も次々に「お〜い♪」と手を振ってくれます。
さながら、気分は有名人?
子供は可愛いな。

レッスン終えるも体力は衰えず。
「母としては」うれしい姿。

「ママ〜!帰ったら◯◯プール(近所の区プール)行こうよ!」

((((;゚Д゚)))))))
アリエナイ

おやつで釣ろうか、どうしようか。

そんなことを考えていた母、
「ブランコ行ってくる~」と息子。
「靴下がないぃぃ」と仲良しのお友達。
一緒に探していたら、息子が泣きながら戻ってきた。

砂まみれ。
落ちたか、転んだか。

正解は前者、「落ちた」。

見事なくらいにかぶった砂をはたき、抱っこしたら落ち着いた様子。
「大丈夫、何にもケガしてないよ!」と励まして帰ろうとしたら
「ここの砂とって」と言う息子。
指先は後頭部。

どれどれ…


ん、血?すりむけてる?

…は?
毛がない!

どうやら後頭部からスッテーンと落ちたようです。
勢いもあり、ズルっとむけてしまった感じ。
こりゃ痛いだろな。

テンションガタ落ちの息子、
すぐに帰宅の途へとつきました。


これが病気になる前だったなら絶対に動じない自信があるけど、
さすがに焦った私です。
念には念を。
主治医の先生に電話しました。

「泣いたし、きげんもいいし、手術の傷に直撃じゃなければ大丈夫でしょ。消毒してね。」

わかってるよ~。
わかってるけどさ〜。

なんていう電話のやりとりの側でウトウトな息子、
「眠いから寝るね」と言って即寝てしまいました。

後頭部にミステリーサークル出現。
せっかく伸びた髪の毛、また傷ができちゃったね。
早く治りますように!


というわけで、
二つ目のプールには行かずに済んだ私です(^^;)






ようちえんComment(0)Trackback(0) | Top ▲

ザ・懇談会

►2012/03/13 17:43 

一年間、本当に早かった。

初めてこの教室に入ってきた日が、ついこの前のような感じです。

運動会で体調を崩してからというもの、記憶がほとんどありません。
ママさんたちのランチ会もほとんど参加できませんでした。

でも、こんなにもこのクラスが愛おしいのは
なにより、息子自身が大好きな先生とクラスだったからです。

いつも豪快で明るい先生が、挨拶で涙ぐんじゃって…
スイッチ入りました〜(T_T)

さらりと笑ってご挨拶のつもりが、やっぱりダメじゃったー!
色んなことが一瞬のうちに蘇ってきちゃって。

で、泣いている私を友達が横で写メパシャリ!

…って、アンタも泣いてるじゃないのさ(笑)

皆それぞれの想いを話し、
ティッシュの箱がぐるりと一周回りました(笑)。

聞くと他のクラスはあっさりしたものだったようで、
改めて良いクラスに恵まれたな、と思いました。

来週には来年のクラスが発表になります。
きっとまた楽しい一年になるね。






ようちえんComment(0)Trackback(0) | Top ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。